今日の1ページ

『生産性』伊賀泰代著

ダイヤモンド社刊 2016年11月25日 第1刷発行

『生産性』伊賀泰代著私が今回、生産性について本を書こうと思ったのは、日本における(工場以外での)生産性に関する意識の低さが、世界と戦う日本企業にとって、大きな足かせになっていると感じたからです。
「競争に勝つためには、より長く働く必要がある」という労働投入型の発想では、人も組織も疲弊してしまうし、新しい技術や仕組みを積極的に取り入れ、生産性をどんどん上げていこうとする生産性重視型の企業に勝てるはずがありません。
また、最近よく耳にする「働き方改革」という言葉にも危うさを感じます。経済成長には女性や高齢者、外国人など新たな働き手が不可欠と考えるのもまた、労働投入型の発想だからです。長時間労働の是正に関しても、「低い生産性の仕事を長時間、社員にかしている企業」と「極めて高い生産性で朝から晩まで働き、圧倒的なスピードで世界を席巻してゆく企業の違いが理解されているようには見えません。
とはいえ、ここで一つ明確にしておきたいことがあります。それは、日本と米国の組織を比べた時、リーダーシップと生産性以外には、その人の人材力や組織力を左右する決定的な要因は何もないということです。勤勉や起立性の高さはもちろん、分析力や論理思考力、そして技術力から想像力まで、日本のビジネスパーソンの資質は極めてハイレベルです。あとは、リーダーシップと生産性の重要性をしっかりと理解し、紳士にその向上に取り組めば、スタートアップ企業であれ大企業であれ、日本企業は今よりはるかに高い地点に到達できるはずです。(P.6 はじめに)

「生産性とリーダーシップ」直面している課題です。最近、当社に前職が会計事務所とは全く関係のない業界から入った社員がいます。遠方のお客様でも現地まで行き監査してくるという、ビジネスモデルを変えるためSkypeでのやり取りを試行しているのですが、その社員は抵抗なく取り組んでくれます。
ベテランの社員に、これから「働き方を変えよう」現地まで毎月行かなくても長い付き合いでコミュニケーションがとれているのだから、クラウドで入力してもらい監査はSkypeでやろう!と言っても、笑ってそうですねというだけで実行にたどり着きません。この本を読み、危機感をもって取り組もうと決意を新たにしました。

「ザ・ビジョン」進むべき道は見えているか ケン・ブランチャード&ジェシー・ストナー著

ダイヤモンド社刊 2004年1月発行

「ザ・ビジョン」進むべき道は見えているか ケン・ブランチャード&ジェシー・ストナー著ビジョンがあるから集中できる。ビジョンがあるから進む方向がわかる。ビジョンがあるから全力で頑張れる。ビジョンがあるから「全速前進!」で進めるのだ。「全速前進-(Full steam ahead!)」とは蒸気船が走っていた時代の言葉で、大型船が前回で航行することを意味する。現代では、その意味は少し違ってきている。すなわち目的がはっきりしていて、そのことに確信があって迷いがなく、しかもそれを実現できる自信にあふれていて、どんな障害があっても断固として進んでいける状態のことだ。

この時代だからこそ、明確なビジョンが必要!
自分自身を知り
何を基準にして
どの方向に進めばいいか
リーダーとして、メンバーが共鳴する「説得力あるビジョン」を生み出し、常に先へ、先へと進まなければならない。メンバーが納得しないビジョンは、リダーの自己満足に過ぎないことに、改めて気づきました。

「経営者に贈る5つの質問」P.F.ドラッカー

ダイヤモンド社2009年2月

経営者に贈る5つの質問*行動が伴わなければ意味はないP2
「もっとも大切な5つの質問」とは、行っている理由、行うべきことを知るた
めの経営ツールである。
それは、「われわれのミッションは何か?」「われわれの顧客はだれか?」「顧客にとっての価値は何か?」「われわれにとっての成果はなにか?」「われわれの計画は何か?」

*明日成果を得るために、今日何をするかP5
「5つの質問」がもたらすものは、行動のための計画である。計画とは、明日決定するものではない。決定することができるのは、常に今日である。
明日のための目標は必要である。しかし、問題は明日何をするかではない。明日成果を得るために今日何をするかである。

ドラッカーを読んでコメントできるほどの勉強はしていません。
経営戦略ナビゲーション「戦略参謀」と経営戦略実行アプリケーション「web軍師」の背景にあるのは、ドラッカーのマネジメントとそれを具体的に実行する仕組みとしてのバランス・スコアカード(BSC)です。

P98に「本書の具体的な使い方について、わたしからの希望は一つしかない。大急ぎでは読まないでいただきたい」「5つの質問」は一見してシンプルである。だが、実はそうではない。繰り返して考えていただきたい。質問と格闘していただきたい。」と書いてあります。

ドラッカーの「マネジメント」(上)第7章目的とミッションには、現在の事業に加え、将来の事業及びあるべき姿を明確にする。そして、現状と理想のGAPを明確にすることで、事業の目的や戦略を明確にできると書いてあります。その原点はすべて「5つの質問」ではないでしょうか。